OutlookExpressの送信メールの文字化け回避方法(2014年3月作成)

メールソフト「OutlookExpress」で送信したメールが、受信者側で文字化けして読めない場合がございます。

詳しくない人は、手元で文字コードを変更して直せない場合がありますので、OutlookExpressの設定自体を修正するのがお薦めです。

仕事でメールを送信して文字化けしていたらかなり問題がありますよね?受け取った側が何も言わずにコードを修正して見ているケースが結構多いんですよ。


これは文字コードのデフォルト(初期設定)がおかしいのです。意味がわからないのですが、そのまま放置されています。マイクロソフトのヘルプページで解消方法の解説が記載されていますが、リリースはそのまま続いています。

Microsoft提供のメールソフト「OutlookExpress」の文字化けを治す方法は簡単です。単にそのヘルプの通りに設定をしてあげてください。
送信したメールが文字化けして読めない等、初期設定のままだと文字化けする可能性が高くこれが問題な理由は「送信者は文字化けデータを送信していることにまったく気づくことが出来ない」点です。 送信済みトレイを見ても普通のメールです。普通気がつかないでしょう。気づくのは文字が化けて読めないと連絡を貰った場合になると思います。


OutlookExpressで送信したメールが受信者側でメールを見た時に化けるので、本当に面倒なことです。

下のこの画像が受信者側で文字化けしたメールです。慣れている人は文字コードを自分で変更することで閲覧するのですが、イチイチ受信する都度、コードを切り替えるのは無駄な手間です。

文字化けしたOutlookExpressのメール


下記のサイトをご参照ください。

この設定は、非常に簡単ですので仕事でアウトルックエクスプレスを使っている場合は是非、予防の意味も含めてやってください。
html設定にしてあるメールも結構多いです。これも文字化けの原因になります。ヘルプのとおりに設定することでこの問題はクリアされます。


●文字化けしないようにメールを送信(および受信)したい場合のOutlookExpressの設定方法←クリックしてジャンプします



(2014年3月作成,同10月更新)

上に戻る